競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

秋華賞のポイントについて



今週は秋華賞で、3冠牝馬が誕生するかが注目となっています。


最近では3冠が掛かった秋華賞で、
スティルインラヴとアパパネが3冠達成、
ブエナビスタは、レッドディザイアに敗れ降着の3着。


凡走はなく、結果的に適性の差で敗れたという結果で、
オークスやローズSの結果を見ると能力差は
適性でひっくり返る以上のものがあると言っていいだろう。



ただし、全く不安がないかと言えばそうでもなさそうだ。

一番の不安点は岩田騎手だろう。

G1レースでは、2~3番人気ぐらいだと
めっぽう強いが、1番人気になった時の成績は一息。

特に、アンライヴァルドとヴィクトワールピサで
1番人気になったダービーは、顔面蒼白で
かなりのプレッシャーが感じされた。

地方時から、大レースでのプレッシャーへの弱さは
言われていた事で、牝馬とはいえ3冠のプレッシャーはかなりのものだろう。


ヴィクトワールピサで1番人気で皐月賞を勝った時も
考えすぎて前のレースで落馬して、
それでプレッシャーから逆に解放されたというエピソードがあった。


下手に考えず、普通の競馬をすれば勝てるものも、
枠順を考えて小細工しようとすると、
それがアダになる事も十分考えられる。


そういう意味で、危ないのは内枠に入った場合だろう。


外枠の場合は力でねじ伏せる競馬でもいいが、
内枠だと包まれたら嫌だとかいろいろ考えすぎて、
無理な競馬をする可能性も十分あるからである。


勝負事はどんな時でもそうだが、
絶対大丈夫、と思われた時が一番危ない時である。


ライバルにしてもヴィルシーナはここ2走、
前に行ってしぶとさを生かすという自分の形の競馬ができていないし、
ハナズゴールはいい状態で競馬を使えていない。


また、アイムユアーズの場合は、
オークスは明らかに距離が長く、コースも合わず、
小回り向きは明らかだし、
隠し玉のアロマティコは、前走意味不明の後方待機策、
何かここに向けて狙っているような乗り方だった。


ジェンティルドンナの力は認めつつも、
他の陣営も岩田騎手の性格は知っているだけに
何かがおこっても不思議ではないと狙っているのではないかと思える。
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/1659-75c03473
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR