競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

天皇賞秋のポイント

先週の菊花賞は、ゴールドシップが
強い勝ち方をしました。


ステイゴールド産駒というのは、
強くなるとある程度安定して
自分の力を発揮します。


負かすとすれば、前が残る
展開しかなかったですが、
あの厳しい流れでは無理でした。



今週は天皇賞、ここ2週の堅そうな
気配と比べれば、上位拮抗で難しいけど、
馬券的には面白いレースになりそうです。


今年の天皇賞は4強とも言われていますが、
各陣営とも、このレースに勝つ意味というのは大きいです。


フェノーメノは、確実に勝ち負けになる
3歳限定の菊花賞を捨てて、
強敵相手のこの天皇賞に照準を合わせてきただけに
ぜひとも勝ちたいレースと言えます。



カレンブラックヒルは、
マイルで強いのはすでに分かっているので、
2000mで勝つのと、距離不安を露呈するのでは、
例えば、種牡馬になった時の価値がかなり違います。

ここはぜひともほしいタイトルでしょう。



ダークシャドウは、
この東京2000mはベスト。

昨年はもう少しのところで、勝ちを逃がしただけに
今年は、ここに最大目標を置いて
悲願のG1取りを目指してきました。

血統から言っても、ダンスの後継種牡馬になるため
G1タイトルはぜひとも取りたいところです。



ルーラーシップについては、
悲願のG1タイトルを香港で奪取しましたが、
メンバーレベルから、その価値については、
それほど高く評価されているとは言えません。

というわけで、東京のG1タイトルはぜひ欲しいところ。

母エアグルーヴ、父キンカメの配合は、
種牡馬として、サンデーの血が入っていない事から
すでに注目されている。

その価値を高めるために、日本でのG1タイトルは
ぜひ欲しいところで、オルフェーヴルのいないここは、
絶好のチャンスと、社台グループの意気込みも強い。



このように、4強すべてが勝負度合いが強いレース。

勝負度合いが強いがために、
各馬が勝ちに行って他の馬が漁夫の利を得る。


昨年のようなケースも考えられるが、
各馬万全の態勢での本気のレースが、
久々に見られそうだ。


また、予想する側にしてもやりがいがあると言える。


コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/1670-5fa1b03f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR