競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

外人騎手と日本人騎手の違い

渡辺です。

いつもお読みいただきありがとうございます。



毎年G1シーズンになると、

外国人騎手が出稼ぎに来るのが恒例になっていて、

しかもそれらの騎手にいい馬が集まるという傾向も同じである。


技術的には、日本でもトップジョッキーなら遜色ないのだが、

なぜ一部の外国人騎手にいい馬が集まり勝てるのか?




正直腕の違いはなくても、

やはり日本人騎手は、しがらみが誰にでもあり、

あまり下手な事をすれば、騎手生命にも影響しかねない。



逆に外人騎手からすれば、

日本はあくまで出稼ぎの場なので、

乗れなくなってもそれほど問題はない。



そのため、思い切った勝つ騎乗ができるし、

調教師や馬主も勝ちたいタイミングで

外人ジョッキーを乗せるケースがほとんどである。



特に、スミヨン騎手などの騎乗を見ていると、

かなり強引で、日本人騎手には

ああいう騎乗は無理だなというケースがままある。



おそらく日本人騎手からしたら、あれはないと思うだろうが、

海外の競馬だと当たり前という感覚だと思う。



特にヨーロッパの競馬はスローの固まった馬群から

直線の瞬発力勝負という競馬が多く、

直線は多少強引にでも割ってこなければ、

勝てないし、そこを突いて勝つのがトップジョッキーの証である。




日本の競馬だと、前が詰まって仕方ない。

外を回らされて届かなかったという

コメントを騎手が出す事があるが、

ヨーロッパの騎手からすると、

それは自分が下手だと認めている事になる。



良くも、悪くもそれが日本の競馬であり、

安全を考えれば悪いとは言い切れない面もある。



しかし、降着制度の変更等を考えると、外国人騎手の

日本の競馬の降着制度は、厳しすぎるという指摘が、

ぬるま湯状態から、厳しい競争に舵を切ったと見ていいだろう。
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/1683-70fbce3c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR