競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

なぜあの馬は勝てないのかを、簡単に解き明かす方法

渡辺です

いつもお読みいただきありがとうございます。



今日は少し、競馬の考え方について重要なお話を、

僕は良く無料予想の中でも、「勝負に掛かれば強い馬」とか

「突き放す競馬ができれば強い」と言った表現を使う事が多いです。




僕の頭の中でも、勝負強い馬と、

勝負弱い馬という馬の分け方をする事が多いですが、

それを馬券に生かしていたかというと、

ただ感覚的に馬の取捨をしていたに過ぎません。




僕が、そういう考え方を強く意識したのは、

2年前のJCダートで、トランセンドと

エスポワールシチーの一騎打ちになりました。



エスポに期待していた僕は、

トランセンドを捕まえ切れないどころかゴール前失速し、

ワンダーアキュートにも差されたのを見て、

やはり、この2頭の性質の差が勝負を分けたと痛感しました。




単純に言えば、エスポワールシチーは勝負弱い馬。

トランセンドは勝負強い馬という事になります。


勝負弱いというのは、直線で競り合いで苦しくなると、

それ以上頑張らず、諦めてしまいます。


逆に、トランセンドは、並ぶと抜かせまいと力を発揮し、

最後まで頑張り抜くタイプの馬です。



このような性格の馬同士で、同じような脚質で

能力に差がないとすれば、よほど気性を意識した乗り方をしないと

勝負弱い馬が勝つ事はありません。




つまり、同じ脚質の馬で、能力が大差ない場合、

勝負はほぼ見えているといっていいでしょう。


実は、強いと思える馬でも、

根性のないタイプの馬というのは結構います。


先週出走した馬の中にも、

そのような馬は結構存在します。




例えば、先週土曜のフェアリーSで、

3着に競り負けたサンブルエミューズ。


僕は、この馬に阪神ジュベナイルで期待していましたが、

馬ゴミで競馬して失速したのを見て、

そういう疑いを強く持ったのでした。



続きは次回
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/1740-c3a9bc90
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR