競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

血統について

血統について

血統は大魔王理論の大事な一角をなすものでここでは要点まで。

血統については五十嵐理論という非常にすぐれた血統書があって、ぼくもかなり勉強させていただきました。読んだことのない方は一読をおすすめします。

この理論の唯一の欠点は、あまり日本の競馬に実用的でないこと。おそらくヨーロッパ型
の競馬場でやれば、この本だけで蔵が建つのでは


僕の場合は基本をこの五十嵐理論において、最も重要視しているのが馬場の適正です。それもその日のピンポイントの、
なのでその日の午前中のレースはどんな血統の馬が来ているのか、前週と替わってきているのか。目を皿のようにしてみます。


たまに普通では来ると思えない馬が勝ったりするのですが、結果的に血統でみると当然
といえることが良くあります。


僕も、人気がなさすぎて見逃してしまうことが良くあります。

それだけ、穴狙いに適したファクターといえるでしょう。

もう一つ、血統が大きくものをいう場面があります。

皆さんももうお分かりかと思いますが、初芝・初ダートのときです。

実は短距離は別として、この2つには大きな違いがあるんですね。

初ダートの勝率が初芝の勝率の倍ぐらい高いんですね。

だから、ぼくの場合、初ダートの場合こなせそうな血統だなと思った場合迷わず買います。

初ダートの馬を買うときのもう一つのファクターはその馬の新馬の頃の調教です。そのころダートの調教で走っていた馬は、血統では?という馬でも走ります。

直前の調教を参考にしてはだめですよ。手を抜いていますから。

そこまで調べ上げないとなかなか馬券では勝てません。

なにせ20から25パーセント取られてますから

初ダートで負けた馬は2戦目に限って狙い目となります。ですから、2回追いかけるつもりで初ダートのときに買いに走らなければいけないのです。

特に、初ダートの時と馬場状態が替わったときや、ワク順・騎手が乗り替わったときは、
大きく狙わなければなりません。

2回目も来なかったらもう来ません、見限っていいです。
ただし次の芝戻りで勝負です。

1頭で3回勝負できる。初ダートの馬ってなんておいしいんでしょう。



逆に初芝の馬、基本的に僕は買いませんが、その馬がまだフレッシュな状態で前走
惨敗していたら少し考えます。ここが勝負なのか、次が勝負なのか?

基本的には騎手の乗り変わりで判断できるでしょう。

騎手の乗り変わりって最重要ファクターの一つなんですね

なぜ初芝より初ダートの勝率がいいかというと、単純に道中のラップが違うんですね。
だから少々かかりぎみでも揉まれなければ、スピード能力で押し切ってしまうんですね。

だから強い勝ち方をしても、上のクラスではそういう勝ち方をした馬は通用しません

血統で取れる馬券のもう一つに新馬戦があります。

実は障害戦もかなり強烈ですが、あまりにもマニアックなのでここでは割愛させていただきます。

新馬戦、ほとんど調教と血統でとれます。でも堅いことも多いので、人気薄の複勝などが
ねらい目です。

ほとんど1点で20倍ぐらいの馬券は取れるので、機会がありましたらお伝えします。

新馬戦での期待度も騎手を見ればわかります。
ただ一流といわれる騎手でなければならないというわけではなく、
調教師が馬を育てられると評価している騎手が乗っていれば、期待していると考えていいです。今年でいうとメイショウサムソンなんかいい例でしょう。

ところでついでなので予言を、今年は2年連続の3冠馬が誕生するのか?

これといったライバルも現れないので、3冠濃厚にも見えますが、わたしはそれはない
と見ています。もしかすると、菊花賞前に故障するかも。

訴えられそうなのでこのへんにしておきます。

コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/19-dfc3aea1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR