競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

函館2歳Sの考え方

渡辺です。

いつもお読みいただきありがとうございます。


今週は、早くも2歳重賞の

函館2歳Sが始まります。


このレースは、以前は波乱傾向が強かったのです。


その理由としては、以前は、この時期の函館は、
無茶苦茶時計が掛かっているケースが多かったため、
馬場を使う毎に時計が掛かり
力のいる馬場になり早い時期に好時計勝ちした馬が
失速というパターンが多かったためです。


しかし、馬場改修後は、そこそこの時計で決着するケースが多くなり、
それにつれて、上位人気馬が勝つケースが多くなりました。


昨年のクリスマスも、新馬で好時計勝ちして
力通り勝ちきりました。



また、このレースは、
牝馬が強いレースという事も特徴です。


もちろん、牝馬の方が仕上がりが
早いという要因もありますが、
馬の融通性という意味で、
牝馬の方が優れているという
持論も関係していると思われます。



どういう事かと言うと、
新馬戦というのは、スピードにまかせて逃げ切る
ケースというのが多く、多くの馬が新馬で逃げて勝っています。

しかし、スピードのある馬が揃う函館2歳Sでは、
当然逃げれず、控える競馬をする馬がほとんどです。



そうなると、初戦とは違う競馬を強いられるわけで、
そういう経験した事のないレースをする場合、
流れに合わせてこなすというのが、
特に若いうちは牝馬の方が優れていると言えます。


逆に、牡馬の場合、初戦で逃げ切りで勝っている場合、
今回も逃げれるようならいいですが、
逃げれない場合は、惨敗するケースも大きくなります。



クリスマスは、新馬勝ちは逃げ切りで、
函館2歳は2番手からの抜け出しでした。


というわけで、牡馬で新馬逃げ切りのタイプは、
ここで人気になった場合少し疑ってかかるというのが
基本的な考え方となっています。


1番人気になりそうなマイネルエスパスについては、
新馬が逃げての好時計勝ちだけに、
同じ展開に持ち込めるかがポイントとなります。


という事で、今回は、
他の馬の単勝で勝負したいと思っています。
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/2187-cf725600
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR