競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

チャンピオンズカップのコパノリッキーについて

渡辺です。

いつもお読みいただきありがとうございます。


今週は、中京で秋のダート王者を決める

チャンピオンズカップが行われます。



今年は、前哨戦となるJBCクラシックを


11月3日に盛岡競馬場で生観戦しました。



あのレースは、コパノリッキー田辺騎手が

外枠からジワッとハナに立ちマイペースに持っていき、

その時点で勝負あったというレース。



あの日は、前日に雨が降っていて、

かなり脚抜きのいい馬場で、前有利の状態でした。



もちろん、中京のダート1800mという距離は、

基本的には先行馬が有利なコースであり、

コパノリッキーは有力なのは確かですが、

基本、前走楽逃げで勝った馬は

信用しないというのが、僕のスタンスです。



このレースは頭はないと、

当然逆らうのを前提で考えていきます。




中京ダートが前残りが多いのは、

コース形態上、それほどペースが上がりにくく

前の馬が楽をしやすいという事です。




しかし、さすがにフルゲートのG1となると、

いろいろ思惑があって、そう楽な流れにはなりません。



コパノリッキーがG1を勝ったケースは、

昨年のフェブラリーSは、スローに近い競馬の先行策。


8頭立てのかしわ記念は得意のマイル戦でした。



強調点としては、左回りでは、連勝中とかありますが、

人気馬のプラス面を探しても意味はありません。



帝王賞では、8歳で全盛期を過ぎた

ワンダーアキュートに差されており、

絶対的な存在ではないという事です。



狙い馬の候補は、現状4頭ぐらいいますが、

どれにするかは、これからじっくり考えます。
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/2294-f6c584ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR