競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

弥生賞、チューリップ賞の展望

渡辺です。

いつもお読みいただきありがとうございます。



今週は、クラシックに最も直結するトライアル

弥生賞とチューリップ賞が行われます。


今日は、展望の第一弾をお話しします。


3強と言われる弥生賞ですが、

本当に3強なのでしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■毎日ひとつ、競 馬のためになる情報を無料配信■■

チューリップ賞のポイント

今年の牝馬路線は、

阪神ジュベナイルとクイーンカップを圧勝した

メジャーエンブレムが抜け出して

チューリップ賞は、挑戦者決定戦の位置付けという感じです。



メジャーエンブレム以外の有力馬は、

ほぼ出走してくる感じで、そういう意味では非常に興味深い一戦です。



本番でメジャーエンブレムに対抗するには

同じような脚質の馬では難しく、

ある程度は追走できる脚も必要ですが、

それ以上に強靭な末脚がないと厳しいと言えます。



今回チューリップ賞で人気になりそうな

ジュエラー、シンハライト、レッドアヴァンセあたりは、

確かに、前走はいずれも強い内容でしたが、

いずれも京都でのパフォーマンスというのが問題です。



阪神ジュベナイル出走組と比較して

かなり人気になりそうですので、

冷静な判断が必要となります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



弥生賞では、朝日杯の1・2着、

リオンディーズ、エアスピネル。

2戦2勝で若駒Sを圧勝してきたマキヒキの3頭が

断然の人気を集めそうです。



この3頭には、それぞれ課題や弱点が存在します。


リオンディーズの場合は、折り合いと小回りコースへの対応。


前走は、マイルの流れで問題なかったのですが、

初戦は2000mでかなり押さえるのに苦労していました。


新馬レベルだと内回りも問題なかったですが、

やはりコーナリングなどには課題が残っています。



エアスピネルは、器用な馬で小回りコースは問題ないですが、

一番の課題はやはり距離延長でしょう。


2000mまではまず問題ないとは思いますが、

ベストと言われるとやはりマイルから1800mと思われます。



マカヒキの場合は、確かに2連勝の内容は強いですが、

いずれも軽い京都の馬場で、切れだけで勝ってきた印象です。



このメンバーでも切れだけならトップですが、

中山の小回りで、多少上りが掛かる流れになるので、

それでもうまく切れ生かせるかは未知数です。




連勝で人気になったディープ産駒が

あっさり負ける最近の傾向からいっても、

これまでの相手が相手だけに、

一番馬券圏内から消える可能性が高いのはこの馬でしょうか。




絶対の自信を持つ弥生賞の予想も含む

クラシック路線の完全予想は明日で締切となります。

⇒ http://keibajuku.net/kura678/
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/2620-b419dda1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR