競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

桜花賞の枠順とポイント



渡辺です。


いつもお読みいただきありがとうございます。




桜花賞の枠順が決まりました。


メジャーエンブレムは3枠5番

シンハライトが6枠12番

ジュエラーは7枠13番になります。



桜花賞と同じ舞台の阪神ジュベナイルで、

メジャーエンブレムは2番手に控えて抜け出して勝ちました。


ただし、もし内枠で同じように、前に合わせる競馬をした場合

負ける可能性が高くなります。


あまり速くない流れで他の馬のペースに合わせた場合、

決め手勝負になりますが、メジャーエンブレムの

今までの3ハロンの最速上りは33.7に過ぎません。



つまり、メジャーエンブレムを終いの切れで上回る馬は

チューリップ賞上位組を含め何頭かいるわけです。



上りの競馬にしてしまった場合、

それらにまとめて差されるという

チューリップ賞のようなケースが考えられます。



メジャーエンブレムの強さというのは、

速いペースを持続する心臓と肉体の強さで、

11秒台半ばでずっと押しきれる強さになります。


つまり、ハナを譲ったとしても、

残り1000mから自分でスパートして、

後続にも脚を使わせれば、勝ちきれるという事になります。



本当は、前走のように、先手を取って速いラップを刻むというのが

一番の安全策ですが、相手もいる事なので、

なかなか思い通りもいかないでしょう。



シンハライトやジュエラーは、ペースが上がらなければ

前走のような競馬をしたいでしょうが、

この枠だと外々を回されるのは気になるので、

ある程度位置を取りにいくか迷うところです。



少なくても、悠々最後方からという競馬も

さすがにできないでしょうから、

内に潜り込むか、中団ぐらいの外につけるか難しい競馬になります。



もちろん2頭共勝ちにいくでしょうが、

おそらく、より我慢した方が、先着するはずだと考えています。


コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/2651-8f53ad7b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR