競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

天皇賞の一騎打ちを歴史から検証する

渡辺です

いつもお読みいただきありがとうございます。


天皇賞の一騎打ちを歴史から検証する



今年の天皇賞はサトノダイヤモンドと

キタサンブラックの一騎打ちムードです。



僕が実際に見た天皇賞の前評判で

2頭の一騎打ちムードが特に強かったのは、

ナリタブライアンとマヤノトップガン。



そしてもう一方は、メジロマックイーンとトウカイテイオー。



その他にも名勝負はあったが、

人気的にも拮抗していたのは、この2例ではないか。



メジロマックイーンとトウカイテイオーの対決は、


その当時まさに世紀の対決と言われていた。


無敗の2冠馬トウカイテイオーは、無事なら3冠馬と言われていて

ダービー後骨折で1年休んでいたが、休み明けの大阪杯を完勝して

そこまで7戦7勝で無敗。


距離適性に対する不安を言う人もいたが、

決め手ではマックイーンを上回るのは明白で、

直線勝負になればトウカイテイオーという評価が多かった。



一方のメジロマックイーンは、

前年の秋は天皇賞秋の降着からリズムを崩し、

JC、有馬記念と勝ちきれなかったが、

明けの阪神大賞典を完勝し、3000m以上の距離では無敵を誇っていた。


走りは、全く無駄がなく、驚異的な瞬発力がないかわり

決してバテないスタミナと一定のペースで走り切る

持続力が武器の最強ステイヤーだった。



僕自身、このレースは一気打ちになると思っていたが、

結果は、トウカイテイオーが途中からいつもの行きっぷりがなく

4コーナーではすでに力なく、メジロマックイーンに突き放され

5着に敗れるという結果になった。


2着には、差しに徹したカミノクレッセが入った。



このレースを見て、競馬に絶対はないと

初めて心に強く刻まれる事になった。



ナリタブライアンとマヤノトップガンは

いずれもブライアンズタイム産駒で一歳違いの菊花賞馬。


ナリタブライアンは、3歳時は3冠を達成し

ほぼ無敵を誇っていたが、4歳秋にケガ明けに仕上がり途上で使った事で

天皇賞、JC,有馬記念と惨敗し、

前走の阪神大賞典で復調し、マヤノトップガンとの歴史的な一騎打ちを

競り勝って復活を遂げた。



一方のマヤノトップガンは、能力は認められていたが

3歳時は2着が多い馬だったが、菊花賞を勝って、

その後の有馬記念も完勝し一流馬の仲間入りを果たした。


阪神大賞典ではナリタブライアンには敗れたものの

後続には、大差をつけており、このレースも一騎打ちは確実という評価だった。



ただ、この時は本当に一騎打ちになるかというのは

かなり疑っていたが、割って入る馬が何かと言われると

答えきれない自分がいた。



結果は、2頭がお互いを意識して進み、

ナリタブライアンが、道中かかりながらも

早目にマヤノトップガンを潰しにいったため

マヤノトップガンは直線厳しくなった。


ナリタブライアンが勝ったかと思えたが、

2頭を見る形で脚を溜めていたサクラローレルが

ゴール前ナリタブライアンを差しきった。



この2つのレースから言えるのは、

どれだけ一騎打ちと前評判のレースでも

なかなかそうはならないという事です。



今年のキタサンブラックとサトノダイヤモンドは、

この2例と比べても堅いようにも感じるのだが、

やはり競馬に絶対はないというのは頭に入れておきたい。



結局のところ、振りかえってみると

お互いを意識するあまり、

早目に2頭が競り合って、どちらかがスタミナを失ってしまい

漁夫の利の差し馬が突っ込むというのがパターンだった。


コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/2925-f3e3d4e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR