競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

競馬感を変えたレース

競馬の勘違いについて

競馬を長年やっている人でも、

結構競馬の常識を勘違いしている人がいます。


距離に不安のある馬は、スローペースでスタミナを温存できた方がいいし、

ステイヤーはハイペースになってスタミナの争いになった方がいいというのが一般的な常識ですが、

実は一概にそうも言えません。


例えば、秋の天皇賞至上最高のメンバーと言われたオグリキャップ、スーパークリーク、
イナリワン、メジロアルダンが激突した天皇賞。

このレースはそれほど速くない流れになり、ステイヤーのスーパークリークが勝ち、
マイラーに近いオグリキャップは不利もありましたが、2着に敗れました。

そして迎えたジャパンカップ、

このレースは僕の判然と考えていたペースへの考え方を確立するレースとなりました。

2000mから2400mに距離が伸びて、

しかもハイペースが予想されるこのレースは、

どう考えてもスパークリークの方に利があると考える人が多く、1番人気。


レースはオーストラリアの女傑ホーリックスが、

超ハイペースで引っ張ってそのペースに4コーナーからついて行けたのがオグリキャップで、

スーパークリークは置かれてしまう。


結局世界レコードで決着したこのレース。

オグリキャップはハナ差2着、スーパークリークは離された4着。

結局のところ競馬というのは、レースの流れに乗るというのが大事で、

ステイヤーはテンから速い流れのレースでは、流れに乗れず、

マイラーは速い流れで気分良く流れに乗れる。


ステイヤーはテンにゆったりとした流れで、リズムに乗り

マイラーはスローペースで、折り合いを欠いてリズムを崩す。


競馬の奥深さはこんなところにもあります。
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/482-8cd52eb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR