競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

地方競馬の現状と中央競馬の問題

僕の住む岩手でも、岩手競馬の存続問題で揺れているが、地方にはもっと厳しい競馬場もある。

例えば、金沢競馬、昨年12月末から2カ月余り、単身で美浦トレセンに研修に来ていた金沢競馬所属の松下裕樹騎手は窮状を訴え、中央の門戸開放を強く望んだ。激白というべき内容だ。
「朝3時から調教に乗って、調教料は1頭300円。1時間に3頭だから時給にすると900円ぐらい。コンビニの時給の方がよっぽどいい。競馬での騎乗料も4000円弱。レース中の故障も少なくない。いつ事故が起きるかビクビクしながら乗る。このお金じゃばからしくて命を懸けられない」
 
「年に100万から200万程度の賞金だけでは食べていけないから、厩務員も兼務して馬の世話もやって何とか生活レベルを維持している。トップジョッキーでも年収は約600万円。雪国だから1月から3月の厳冬期に開催がなく、副業で食いつなぐ。もし中央と比べて乗り手の技術が劣っているなら、激しい格差にも納得できただろう。」

でも、トレセンの調教を目の当たりにして落胆したという。

 「はっきり言ってがっかりした。何倍も収入に格差のある現状を考えれば、中央のトレセンの人は、僕らの何倍もうまくなければならない。正直、そうであってほしかった。でも実際のレベルは違う。角馬場で掛かっている馬を見て、何だこれはと思った。ある厩舎で乗り難しい馬がいるというので乗せてもらうと、僕にとっては楽勝の馬。あっさり御したら、調教師や助手が出迎えてくれた」。

 地方の騎手は毎朝20頭以上に乗る(中央ではせいぜい4、5頭)。中央に入らないような気性難の馬も扱うのだから

非常に考えさせられる内容でした。

さて、今週はJCとジャパンカップダート、回りは盛り立てようと必死

だが、このメンバーを見て、このレース海外からは評価されていないん

だと改めて思います。恐らく今回のディープインパクトの件で一層海外

ではそう考えるはず。ここで勝って何か意義があるのでしょうか?

まあ金銭的な意味はあるでしょうが。

ハーツクライが喘鳴症を発表しましたね。どういう意図があるのでしょうか?

招待馬のいないJCダート、押し出されて人気はシーキングザダイヤか?まあ、この馬の単はないと思いますが、国際GIというには寂しい
メンバーとなりました。

JCダートとJCの予想については前日にサラッとします。

今日はなんか毒舌でしたね。ムカッとした方、忘れてください。

これからも、自由に書きますので。
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saku8493.blog51.fc2.com/tb.php/79-aa75a7bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR