競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

馬連で勝つ方法について

僕は基本的に単複馬券のみを推奨しているが、

どうしても馬連で勝ちたいという方もいるので、

今回は面白い話を。


6~7年前ある雑誌の企画で、

結構その当時有名な自分の指数を使う予想家が、

その他の書く専門家(スピード指数、血統、騎手)との合同で1ヶ月間
2つの方法で予想をするという企画があり、

1つは、4人で協議して軸馬を決め、そこから各人1頭ずつの馬と、
残りは協議して6点流しをする方法と、

各人が一頭ずつ馬を決めて、だぶった場合、協議して4頭を決め、

BOX馬券を購入する方法。

とにかく全レース予想し収支がどうなるかという企画。


4人ともそれなりの分野で実力のある人だけに、

かなりの回収率が予想されたのだが、

流し馬券では回収率80%ちょっと。

ボックス馬券では98%の回収率となった。


回収率は低く見えるが、全レース購入という条件では、

さすがと言える内容なのだが、

特筆すべきは、2つの購入方法の差である。


実はこの4頭BOX買いというのは、

馬連を購入する場合の最強戦術の一つである。(立て目の中穴がよく当たる)



このことは、すでに10年近く前に証明されていることなのに、

いまだに言う人はあまりいない。


馬連を語るのにこういう基本的なことを言わないのは、

怠慢か無知と言えるだろう。

オッズについて

オッズについて

最近オッズ系の競馬商材も増えていますが、

ぼちぼちいいものも増えてきました。


オッズ系の基本的な考え方としては、

厩舎情報とか、裏情報によって大量投票する人がいるので、

それを発見すれば、馬券が取れるというのが多くの場合です。


確かに、そのような場合も数多くありますが、

実際は、そういう投票はもちろん何も考えないで馬券を買うよりは、

勝つ確率が高くなります。

しかし、実際にやってみると良くわかるのですが、

こういう馬は多く存在するし、その取捨選択も大変です。


もちろん、これを手作業でやるのは大変ですので、

ソフトを使うことになるのですが、

最近はいいソフトも出ていますので、分析するのには苦労しなくなってきました



ただ、オッズを使った馬券術の難点は、どうしても競馬につきっきりになってし
まう事。

すべて前売りで買うと言うようなことはできません。


午前9時半のオッズを使って予想するというような本もありましたが、

考え方は面白いと思いましたが、実際やってみると思うような結果は得られませ
んでした。


基本的には、大量買いする人というのは、単複の割合が圧倒的です。

したがって馬連は買われる額が圧倒的に多いし、

基本的には適正オッズに近いものを表しているといえます。


その他大勢の馬券購入者は、

オッズに左右されることも多く、僕のように欲の深い人はこんなにつくなら買っ
てみよう。

と思う人や、こんなに人気になっているなら何かあるから買ってみよう。

人気馬が怖いから押さえておこうなどというさまざまな思惑が、

大体レース30分前からうずまきオッズは動きます。


そしてこの動きを読んで投資する、オッズ投資家という人種が出現してきたわけ
です。

この投資家についての詳細は長くなるので、あとで詳しく。


資金のある方は、株やFXの方がいいのですが、

小資金で手っ取り早く稼ぐには競馬の方が向いてます。

そういう意味でいくと、株やFX系の投資ソフトというのは進んでいますから。


そういうオッズ理論のすべてを詰め込んだ「オッズのすべて」

趣味で作ってもうすぐ完成ですが、これ自体は非買品です。


なんかまとまりのない話でしたが、

一つだけ面白いお話を、実はオッズを観察していると、

単勝オッズが10倍台ぐらいでずっと動かない馬が1週に1頭ぐらいいます。


他の馬が買われているのに、オッズがずっと変わらないというのは?

謎はまだ解明できていませんが、単で来るかは別としてその馬が馬券に絡む確率
は高いです。


オッズ解析について

最近僕はオッズに凝っていると言いましたが、


たぶん、これから先競馬で勝つためには、絶対的にオッズを極めることが必要になります。


正確な能力・適正比較、プラスオッズ、本気で競馬に取り組む場合これから必須になります。

オッズというと、難しいソフトを使うイメージがありますが、

ずっと見ていると目視でも感覚がつかめてきます。


オッズと一言で言ってもいろんな使い方がありますが、

必ず問題となるのは、取得時間によって買い目まで変わるということ。


そして、どうしても前売りでは購入しにくいということ。

しかし逆に言えばそれだけ真似されにくく、普遍的であるということ。


しかし、僕はいかに馬券購入のプロセスにいろんなものを取り入れようと。

馬券購入のスタイル

1:単複

2:1点買い

3:穴狙い

この基本は基本的に守り抜きます。

馬券下手がトータルでコンスタントに勝つのは、

この方法が一番確実と身にしみているからです。


正直G1週はオッズが荒れて読みにくくて参考にならないかもしれませんが、

基本的にオッズを見ていると、

1番人気が抜けて人気になる場合ですが、

馬連と比べてかなり過剰に買われています。

基本的に、20%以上過剰に買われていたり5%以下しか買われていない場合、

かなり危ないこととなります。


単勝の方が買われている馬が2頭の場合、

もう1頭の馬が勝つ可能性が高いですし、

単勝の方が買われている馬が1頭の場合、

その馬が消えそうな場合、馬連購入比率のパーセンテージで2~4番の馬が来る可能性が高いです。


細かいパターンはあといくつかありますが、

慣れればG1のない週の午前中のレース

はほぼ7割近く読みきることができます。


あと、午後のレースについては、

11時~12時過ぎぐらいまでに、

単勝が多く売れた馬が良く来ますし、

逆に単勝10倍台くらいでなぜかずっとオッズが動かない馬もよく来ます。(ただし、2着が多い)


穴馬考察

頭数と穴馬について


皆さんも頭数が少なければ、紛れが少なく荒れにくいと思っているし、
予想する人もそう思っています。


配当で見れば頭数が多い分16頭立ての方が8頭立てより平均で高いのは当たり前ですので勘違いしている方が多いのです。


少頭数の中距離戦はとにかく前残りの穴が多いのだ。


頭数が少なければ、
追い込み馬も馬群をさばきやすいので、有利なはずだと普通は考えます。


しかし、少頭数の場合先行馬はよほどのことがない限り楽にいけますし、
追い込み馬というのは、ほとんどの場合何らかの欠陥を抱えている馬も多く、先行馬に並びかけたところで、突き放される場合も多いのです。


そして、全馬の単勝をすべて購入した場合の回収率を比較してみると


なんと意外にも9頭立ての場合の回収率が一番高かったのです。

これは、かなりの期間に渡ってサンプル数も多いのでかなり信頼性が高いです。

そしてその回収率は98%。9頭立てのレースの全馬を買った場合100円買って98円返ってくるのです。

単勝はJRAに20%搾取されていますので、実質18%の利益になります。
9頭立てのレースがいかに荒れているかがわかると思います。

競馬渡辺理論からのお知らせ

いつも競馬渡辺理論をごらんいただきありがとう

ございます。

おかげさまで、今週の木曜日(11月16日)よりインフォカートより

競馬渡辺理論(単勝編)

を発売させていただくことになりました。


このマニュアルには、4週の無料予想付です。

発売価格は29,800円になります。


このブログをご覧の皆様には、特別に来週の火曜日(11月21日)

までにお申し込みの場合、9割引の2,980円で

提供させていただきます。


ご希望の方は

「競馬渡辺理論」購入希望でメール下さい。

メールアドレスは nabe@kome.name です


このマニュアルには、渡辺理論本編の他に、

単勝信頼できる騎手
単勝信頼できる調教師
単勝信頼できる馬主
単勝信頼できる調教師騎手の組み合わせ
単勝信頼できる種牡馬

その他に、来年1月発売予定 

バージョンアップ渡辺理論(馬単・3連単爆裂編)の無料取得権
が付いています。

少しでも興味を持った方は、メールお待ちしております。


あなたが知らない驚くべき真実をお届けします。


それから、ちびさんコメントありがとうございます。

連絡先もなかったので、ここでお礼させていただきます。
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR