競馬渡辺理論投資不敗の伝説

単勝予想をメインに、レース映像を何度も見る事により得られる「気付き」を、会員さんにお伝えしています。  ★競馬渡辺理論会員募集中★

外人騎手と日本人騎手の違い

渡辺です。

いつもお読みいただきありがとうございます。



毎年G1シーズンになると、

外国人騎手が出稼ぎに来るのが恒例になっていて、

しかもそれらの騎手にいい馬が集まるという傾向も同じである。


技術的には、日本でもトップジョッキーなら遜色ないのだが、

なぜ一部の外国人騎手にいい馬が集まり勝てるのか?




正直腕の違いはなくても、

やはり日本人騎手は、しがらみが誰にでもあり、

あまり下手な事をすれば、騎手生命にも影響しかねない。



逆に外人騎手からすれば、

日本はあくまで出稼ぎの場なので、

乗れなくなってもそれほど問題はない。



そのため、思い切った勝つ騎乗ができるし、

調教師や馬主も勝ちたいタイミングで

外人ジョッキーを乗せるケースがほとんどである。



特に、スミヨン騎手などの騎乗を見ていると、

かなり強引で、日本人騎手には

ああいう騎乗は無理だなというケースがままある。



おそらく日本人騎手からしたら、あれはないと思うだろうが、

海外の競馬だと当たり前という感覚だと思う。



特にヨーロッパの競馬はスローの固まった馬群から

直線の瞬発力勝負という競馬が多く、

直線は多少強引にでも割ってこなければ、

勝てないし、そこを突いて勝つのがトップジョッキーの証である。




日本の競馬だと、前が詰まって仕方ない。

外を回らされて届かなかったという

コメントを騎手が出す事があるが、

ヨーロッパの騎手からすると、

それは自分が下手だと認めている事になる。



良くも、悪くもそれが日本の競馬であり、

安全を考えれば悪いとは言い切れない面もある。



しかし、降着制度の変更等を考えると、外国人騎手の

日本の競馬の降着制度は、厳しすぎるという指摘が、

ぬるま湯状態から、厳しい競争に舵を切ったと見ていいだろう。

岩田騎手の騎乗について

渡辺です。

いつもお読みいただきありがとうございます。



NHKマイルは、岩田騎手が酷い騎乗で、

シゲルスダチを落馬させ、4日間の騎乗停止となりました。



馬が無事で、後藤騎手も大けがではなかったので、

不幸中の幸いでしたが、あれを見ると

騎手も命がけというのがよくわかります。



岩田騎手は今回の騎乗は酷かったですが、

前日あたりの騎乗では神掛かった騎乗が2回ぐらいありました。



特に、土曜日の最終レースで、

2番人気馬で最後方に近い位置から、

外を回さず、前に馬が山ほどいるインを突いて、

抜け出してきた競馬は他の騎手にはなかなかできないでしょう。



そもそも普通の騎手は7割ぐらいは途中から外を回します。



横山典騎手や岩田騎手がインを捌くのがうまいのは、

一瞬の脚を引きだす追い方もありますが、

慌てずコンマ数秒待てるのが大きいと思います。



このコツというのは、つかんでいる騎手と

そうでない騎手では、前が詰まる確率はかなり変わるので、

インで溜めている時の抜けてくる確率を取れば、

かなり偏った数値が出てくると思います。



盛岡競馬でも、インを捌ける騎手は

ほんの一握りだけなので、

それだけ難しい事なんだと思います。

武豊騎手の復調について

渡辺です。


いつもお読みいただきありがとうございます。



最近、武豊騎手の復調が顕著です。


乗り馬の質は、以前と比べるとやはり今一つですが、

騎乗内容は、全盛期に近い内容になっています。


もちろん、追う力が急に上がるという事はないので、

原因はそれ以外のところにあります。


武騎手は元々、追う技術に長けた騎手ではなく、

馬を道中折り合いを付けて気分良く走らせる事によって、

直線に余力を残して、仕掛けただけで馬が伸びるというのが

勝ちパターンの騎手でした。



また、馬場状況や馬の特徴に合わせて

自在な戦略を立てるという面でも優れています。



今年前半までは、精神的なあせりからか、

無理に馬を押さえ込もうとしたり、

逆に無理に馬を先行させようという騎乗が目立ちました。



しかし、夏競馬が始まったあたりから、

先行した場合は絶妙なペース判断をし、

差し・追い込み馬では、

昨日の阪神9Rのシゲルリジチョウのように、

きっちり折り合って、直線脚を使わせる騎乗が目立ちます。


いまだ過剰人気になる傾向はありますが、

今こそ狙うべき時と言ってもいいでしょう。




岩手・秋田復興ネット

競馬と騎手

馬と騎手

競馬にとって騎手というのは重要です。


例えば、ずぶのしろうとで、

ようやく馬に乗れるようになった人が、

例えばディープインパクトの乗っても、騎手の乗った未勝利馬には勝てません。


これは極端な例ですが、このように乗っているだけで邪魔している場合もあるわけです。

よく見かけるのが、騎手がスタートしたあとすぐ落馬して、いつもは後方を進んで勝ち切れない馬が、

最終コーナーでは楽に先頭に立ち勝ってしまう(実際は失格ですが)ケース。


これなどは、もちろん斤量(重さ)の問題もありますが、

普段いかに騎手が馬の走る気を、邪魔しているかといういい例です。


騎手の評価は、専門家と言われる人の間でもさまざまで、

技術に大差はないと言う人もいれば、競馬は騎手だと言う人もいます。


関係ない話になりますが、

僕は将棋が好きで、若い頃はプロになりたいと思っていたほどですが、

将棋のプロも技術的には皆紙一重で大差はありません。

しかし、7割勝つ人もいれば、3割しか勝てない人もいます。

結局のところ、何が違うかと言えばメンタル面というしかありません。


一部の天才を除けば、常に勝つためにはどうすればいいか、

少しでも上達するにはどうしたらいいか?

そういう日々の積み重ねが結局のところ、結果に現れるんですね。


去年の終わりに僕らが酷評していた田中勝春騎手が、

心を入れ替えて禁煙して、節制しだしてから復活してきたのはいい例だと思います。


馬は人を見ますから、なめられては仕事にならないわけです

武豊について

騎手について

武豊はなぜあんなに勝てるのか?

武豊を天才という人がいますが、とんでもありません。

彼が天才的と言えるのはスタートだけです。技術はたいしたことないです。

彼は努力の人です。

あれだけ勝っているのに、誰よりも馬のことを調べています。

あれだけ勝っているのに営業努力を怠りません。

あれだけ勝っている上に天まで味方につけています。

武豊・内田騎手はハナ差の勝負ではほとんど負けません。

勝っても誰も文句を言わないからです。

もちろん、追い出しのタイミングが絶妙なこともありますが。


騎手についてはひのさんというかたが、いいバイブルを連載されているのでそちらも
参考にされたほうがいいと思います。その中で、技術的にはみんな大差ないと言ってます

ぼくもそのとおりと思いますが、その少しが実は大きな違いなんですね。特にスタートの
上手い下手は馬券に直結してきますので注意が必要です。

僕は、出遅れ指数というものを2年くらい前に調べて、その指数の高い騎手や馬は人気の
時は消すようにしています。

中館なんか技術はたいしたことないのにスタートと営業力でメシ食ってますから

これはほめ言葉ですよ
プロフィール

渡辺策衛

Author:渡辺策衛
子供の頃からTVで
競馬中継を見るのが好きで、
週末はレースを見るようになって
競馬にどっぷりつかってからは
30年ほどになります。

最近の記事
今週のお勧め情報

バナー広告1ヵ月 特価3000円~
メルマガ広告等の詳細はこちら
おすすめ競馬商材
リンク
フリーエリア
クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR